メール占いを利用するときのポイント

投稿日2013年12月16日 投稿先 未分類

占いというと、対面式をイメージをする人が多いと思います。確かに、メール占いを知っていたとしても、占いといえばメール占いという人は少ないでしょう。それに、メールなんてまどろっこしいことをしないで、もう

直接占ってもらえばそれで良いのではという人もいるかもしれません。

確かに、出来る人はそれで良いかもしれません。ですが、それが出来ない人もいますし、色々な方法で占いをやってもらっている人だったら、メール占いもやってもらいたいと思ってもおかしくはありません。

どの方法で占ってもらいたいかとか、電話占いや対面式の占いは嫌だなという人がいたって何もおかしくはありません。むしろ、占って欲しいけど対面式は嫌かもと思っている人がいれば、ぜひメール占いを利用してみて欲しいです。

もちろん、メールなので会話をする人が苦手、わざわざ行くような時間がないという人にもぴったりです。それに、メールということは実際会うときとは違って、じっくり文面を考えることが可能です。話すとなると時間をつい考えてしまいますし、相手によっては話しにくい空間ということもありえます。

占い師ならみんなじっくり話を聴いてくれるのではと思われるかもしれませんが、占い師だって人間です。占い師とか関係なく、相性だって大事なのです。

ですが、メールなら相手のことを意識しすぎる必要はありません。

もちろん、メールで送るわけですから、話すとき以上に気を使わなければならない面もあります。

向かい合って話すときは内容は勿論ですが、声音や話し方、タイミングなど自分の気持ちや言いたいことを伝えられる術は多いです。

ですが、メールでは文面しか頼りになるものがありません。

だからといって、自分の思いなどが伝わらないというわけではありません。どういう文面にすれば良いのかしっかり考えたり打ち直すことで、ちゃんとした文面になります。

きっと占い師の先生は、そういうところも読み取って的確に占ってくれることでしょう。

そしてメールを送って結果が帰ってくれば、その内容をじっくり読み、一応ではありますが、紙か何かに書き写しておくことをお勧めします。メールがあるのだから良いのではと思われるかもしれませんが、ちょっとしたことがきっかけでそのメールが消えてしまう可能性があります。そうなってしまったら、もうどうしようもありません。

その可能性を考えて、何かに書き写すようにしてください。そうすれば、安心出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です